2010年09月15日

胃もたれ 《 正座の伸びのポーズ 》

 
《 正座の伸びのポーズ 》 

   手の指先から足首まで充分に気を通すイメージをつくることで
 ‘’ツボの道‘’を活性化し、胃腸の弱い人や胃下垂にも効果があるとのこと。
   胃下垂、二日酔い、吐き気、食欲不振、食欲を抑える、胃炎・・・効果。


1  正座をし、胸の前に両の手をあわせ、親指をクロスさせて合掌する。
   息を吸いながら、合掌した手をできるだけ上へ伸ばし、内臓を引き上げるようにする。
   息を吸って吐いてを、数回くり返し、両手を胸に戻す。

2  息を吐きながら静かに肩ひじずつ床につけていく。きつい人はひざを少し開いてもOK。
   
3  充分に息を吸って、息を吐きながら、ひじを滑らせて正座のまま横になる。

4  息を吸いながら両腕をバンザイのように伸ばして胸を張る。両手の指先からひざ、足首に息を通すように深い呼吸をして、1〜3分精止する。

   ☆  ポーズを終えた後は、両足をゆっくりと伸ばして仰向けにまま休む。

   刀@ 気の流れと呼吸 

   吸って吐いて吸って →  吐く → 吸う →  吐く → 吸う → 吐く → 吸う → 深い呼吸

   気候の変化に体調を崩しやすい季節、より、健康な気分で美味しいものをいただけたらと思います。
   よい一日を・・・!

   
posted by kosmos at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。